トータル・ワークアウト代表
ケビン山崎

Athleteを根幹から良くする時代。
最短で最大の結果にこだわる。

私はこれまで多くのトップアスリートのトレーニングに携わってきました。
そもそも類いまれなスキルを持っていることや、人並み外れた努力の先に多くの勝利を勝ち取ってきた彼らにとって、今も昔も求められることは「より早く、より確実に結果を出す事」です。

そのために、私は日々トレーニングの進化とそれが与える影響について『TOTAL Workout Lab.』という独自の研究機関を持ち、最先端のトレーニングの研究をしています。ありがたい事に、研究した結果を目の前にいるアスリートたちが証明してくれるため、沢山のエビデンスが集まり、また次の進化へと導いてくれます。

ここ数年、私の中で大きく前進した分野は、自分の意思では自由に動かす事が出来ないインナーマッスルの考え方です。インナーマッスルを何等かの方法で意識する事ができ、最終的に支点にすることが可能になれば、よりしなやかな動きになります。そして、その動きをスポーツに活かすためには、踏ん張るという動作が加わってきます。つまりアウターマッスルで支点を作り2つ以上の筋肉をうまく連動させるということです。

まさにスポーツにおいては、「キレ」を生み出す事とイコールです。 私はこのMethodを『Athlete Tuning MethodTM(ATM)』と名付けました。

日本国におけるスポーツの向上を目指して、最先端のトレーニングの追究を行っていきたいと思っています。

Athleteを根幹から良くする時代。
最短で最大の結果にこだわる。

私はこれまで多くのトップアスリートのトレーニングに携わってきました。
そもそも類いまれなスキルを持っていることや、人並み外れた努力の先に多くの勝利を勝ち取ってきた彼らにとって、今も昔も求められることは「より早く、より確実に結果を出す事」です。
そのために、私は日々トレーニングの進化とそれが与える影響について『TOTAL Workout Lab.』という独自の研究機関を持ち、最先端のトレーニングの研究をしています。ありがたい事に、研究した結果を目の前にいるアスリートたちが証明してくれるため、沢山のエビデンスが集まり、また次の進化へと導いてくれます。
ここ数年、私の中で大きく前進した分野は、自分の意思では自由に動かす事が出来ないインナーマッスルの考え方です。インナーマッスルを何等かの方法で意識する事ができ、最終的に支点にすることが可能になれば、よりしなやかな動きになります。そして、その動きをスポーツに活かすためには、踏ん張るという動作が加わってきます。つまりアウターマッスルで支点を作り2つ以上の筋肉をうまく連動させるということです。まさにスポーツにおいては、「キレ」を生み出す事とイコールです。 私はこのMethodを『Athlete Tuning MethodTM(ATM)』と名付けました。
日本国におけるスポーツの向上を目指して、最先端のトレーニングの追究を行っていきたいと思っています。

  • Facebook
  • トータルワークアウト
  • Redcord