NEWS / TOPICS

アスリートを指導出来る技術力を身に付ける。トレーナーとしてステップアップしていくには必要な能力の一つです。2018年5月~開講したパーソナル・トレーナー養成プログラムの第3期Intermediateにおいて、Athlete Tuning Method®の講義がスタート致しました。

数々のアスリートが実践、結果を出してきたこのMethodを、3日間、計9時間を受講頂きます。アスリートの状態を評価し、改善に適した手技を習得する事が出来ます。カリキュラムの中心となるのは、どのスポーツにも必要な「Sprint」が主に構成されております。これにより、スポーツ全般に求められる能力を指導出来、また、日常的に行う「歩くこと」の指導も応用可能となります。スポーツを指導されている方、自身のパフォーマンスを上げたい方、リハビリテーションの現場で指導されている方、様々な方にお勧めの出来る内容となっております。

「トータル・ワークアウト、トップアスリートのメソッドを一般生活者へインナーマッスルを意識することで、さらなる「しなやかな動き」を表現」として、本プログラムの取り組みをご紹介いただきました(2018年3月25日発行)。

フィットネスビジネスのWEBページでもご紹介いただいておりますので、是非ご覧ください。
http://www.fitnessclub.jp/business/news/careerup/14430/

選手に求められることは、常に明確で「最短で最大の結果」です。
与えられた環境の中でそれ以上のパフォーマンスを発揮するためには、これまで正しく機能していなかったインナーマッスルを、動きの中で使えるようになるということが鍵となります。
どんな競技でも走る事は動きのベースとなります。その走ること、つまりスプリントを用いたトレーニングがパフォーマンス向上に直結する事はご想像の通りです。
スプリント時に使用される2つ以上の筋肉を連動させて動かす。その過程でうまく行かない部分はインナーマッスルを刺激することで改善されます。ただ、それで解決ではありません。それぞれの競技では、カラダの一部が地面についた状態にあり、それに関与する筋肉、つまりアウターマッスルで支点を作り、インナーマッスルを動かす事が必要となります。このメソッドをケビン山崎は『Athlete Tuning Method®(ATM)』と名付けました。TOTAL Workoutでは、多くのアスリートや一般の方々に対しても動きの中でカラダの使い方を習得していく技術を提供しています。

2017年09月12日

TOTAL Workout Lab. Network

TOTAL Workout Lab.は「しなやかでかつアクティブなカラダ」を最短で手に入れるため、主にスプリントを用いたトレーニングを実施、研究しています。
そのスプリントの精度をより向上するために、インナーマッスルのトレーニングを導入しています。
インナーマッスルに特化したアプローチはこれまで、医療の分野で広く用いられており、本場ノルウェーの「redcord社」では、Neurac(Neuro-muscular Activation)という独自のトリートメント理論に基づき、多くのクライアントの機能改善に貢献してきました。
そして、2012年TOTAL Workout代表のケビン山崎が自身の理論にRedocrdを取り入れることで、スポーツの業界に新しいトレーニング方法を確立する事となりました。
その実績が評価され、この度TOTAL Workoutは「redcodr社」とパートナーシップを結ぶこととなりました。
今後もより精度の高いトレーニングを開発し、アスリートのパフォーマンスの向上に全力を尽くしたいと思います。

NEWS / TOPICS

アスリートを指導出来る技術力を身に付ける。トレーナーとしてステップアップしていくには必要な能力の一つです。2018年5月~開講したパーソナル・トレーナー養成プログラムの第3期Intermediateにおいて、Athlete Tuning Method®の講義がスタート致しました。

数々のアスリートが実践、結果を出してきたこのMethodを、3日間、計9時間を受講頂きます。アスリートの状態を評価し、改善に適した手技を習得する事が出来ます。カリキュラムの中心となるのは、どのスポーツにも必要な「Sprint」が主に構成されております。これにより、スポーツ全般に求められる能力を指導出来、また、日常的に行う「歩くこと」の指導も応用可能となります。スポーツを指導されている方、自身のパフォーマンスを上げたい方、リハビリテーションの現場で指導されている方、様々な方にお勧めの出来る内容となっております。

「トータル・ワークアウト、トップアスリートのメソッドを一般生活者へインナーマッスルを意識することで、さらなる「しなやかな動き」を表現」として、本プログラムの取り組みをご紹介いただきました(2018年3月25日発行)。

フィットネスビジネスのWEBページでもご紹介いただいておりますので、是非ご覧ください。
http://www.fitnessclub.jp/business/news/careerup/14430/

選手に求められることは、常に明確で「最短で最大の結果」です。
与えられた環境の中でそれ以上のパフォーマンスを発揮するためには、これまで正しく機能していなかったインナーマッスルを、動きの中で使えるようになるということが鍵となります。
どんな競技でも走る事は動きのベースとなります。その走ること、つまりスプリントを用いたトレーニングがパフォーマンス向上に直結する事はご想像の通りです。
スプリント時に使用される2つ以上の筋肉を連動させて動かす。その過程でうまく行かない部分はインナーマッスルを刺激することで改善されます。ただ、それで解決ではありません。それぞれの競技では、カラダの一部が地面についた状態にあり、それに関与する筋肉、つまりアウターマッスルで支点を作り、インナーマッスルを動かす事が必要となります。このメソッドをケビン山崎は『Athlete Tuning Method®(ATM)』と名付けました。TOTAL Workoutでは、多くのアスリートや一般の方々に対しても動きの中でカラダの使い方を習得していく技術を提供しています。

2017年09月12日

TOTAL Workout Lab. Network

TOTAL Workout Lab.は「しなやかでかつアクティブなカラダ」を最短で手に入れるため、主にスプリントを用いたトレーニングを実施、研究しています。
そのスプリントの精度をより向上するために、インナーマッスルのトレーニングを導入しています。
インナーマッスルに特化したアプローチはこれまで、医療の分野で広く用いられており、本場ノルウェーの「redcord社」では、Neurac(Neuro-muscular Activation)という独自のトリートメント理論に基づき、多くのクライアントの機能改善に貢献してきました。
そして、2012年TOTAL Workout代表のケビン山崎が自身の理論にRedocrdを取り入れることで、スポーツの業界に新しいトレーニング方法を確立する事となりました。
その実績が評価され、この度TOTAL Workoutは「redcodr社」とパートナーシップを結ぶこととなりました。
今後もより精度の高いトレーニングを開発し、アスリートのパフォーマンスの向上に全力を尽くしたいと思います。

  • Facebook
  • トータルワークアウト
  • Redcord